Uber Eatsの基本

【ウーバーイーツ京都】配達パートナーは稼げるの?実際にやってみた結果!

更新日:

こんにちは、ピムリコです。

僕は、京都でUber Eats(ウーバーイーツ)が始まった初日から配達パートナーとして働いていますが、結構聞かれる質問が

ウーバイーツって稼げるの?」

ってこと。

 

まぁ、そりゃ気になりますよね〜

というわけで、実際にUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして働いている僕が稼げるのかどうかをお教えします。

 

追記:▶︎1日2万円稼げたので記事にしました!

 

当サイト限定クーポンでお得に食べよう

初めてUber Eatsを利用する方は、当サイト限定の招待コード【eatsinter196jzs】を入力してもらうと、初回注文に使える合計1000円分のクーポンがもらえます!

▶︎【画像付き】注文方法のわかりやすい解説はこちら!

 

 

※Uber Eats(ウーバーイーツ)関連の記事のサイトマップを作りましたので、ぜひ合わせてお読みください。

▶︎【自由に働いて稼ぐ】Uber Eatsで働くなら読んでおきたい記事マップ

 

ずばり、休日なら普通のバイトより稼げる!

まず結論から!

個人的には、「休日なら普通のバイトより稼げる!」と思っています。

 

実際に僕は今まで様々な短期・長期バイトを経験してきましたが、どちらと比較してもUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの方が稼げる金額が大きいと思います。

 

金額でいうと、昼と夜だけで15000円くらい稼げました。

僕は、夜は割と早めに切り上げてるので、もっと粘ればもっと稼げると思います。

参考
▶︎1日2万円稼げたので記事にしました!

 

「えっでも、”休日なら”ってことは平日は稼げないの?」って思うかもしれませんが、

これの答えとしては、正直まちまちです。

 

どういうことかというと、Uber Eats配達パートナーの仕事は、時給制ではなく歩合制なので、注文がないと稼げないんですよね。

休日は、お昼のランチタイムや夜のディナータイムなら、ほとんど続けざまに鳴ってくれる(注文が入ってくれる)ので、稼げるんです。(後述)

 

ですが、平日は、ランチタイムとディナータイムでも空白の時間ができてしまう日もあるので、時給換算すると1000円切ったり、トータルで1日に稼ぎたい金額に届かなかったり...ということもあるということです。

まぁ、それでも、今の所、平日でも昼と夜をやれば、7000円くらいは稼げているので、決して割の悪い仕事だとも思いませんよ!

具体的にいくらくらい稼げるの?

では、お前は本当に稼いだのか!?って話ですよね。笑

早く証拠見せろ、と。

 

では、見せましょう!

▼これです!

 

 

「おい、さっき15000円って言ったじゃねぇか!!うぉらぁぁぁ!!!」

って声が聞こえてきそうですが、ちょっと待ってください!

 

この金額に「クエスト」というインセンティブが加算されます。

参考

 

この時は、金額でいうと1200円のインセンティブを昼と夜2回ゲットしたので2400円プラスで、

合計15000円ちょっとを稼げたわけです。

 

普通の短期バイトで、土日に働いても15000円って稼げないですし、日給一万円越えの短期バイトって一日丸々(朝早くから夜まで)潰れる場合がほとんどです。

これは、本当に何回も経験済みです...。

 

ですが、Uber Eats配達パートナーの場合、この15000円ちょっと稼いだときも、お昼のランチタイムと夜のディナータイムだけですから。

朝も10時半からクエスト(インセンティブ)が開始だったので、その時間から15時くらいまで働いて、その後一旦家に帰って、休憩プラス自分の時間。

そして、夜は、夕方17時半から20時半くらいまで、疲れたので止めて、スマホのアプリ確認したら

15000円越え!!

みたいな感じですから。

 

稼げるのも良いけど、「疲れたからもういいや。帰ろーっと」←これができるのがかなりありがたいです!笑

短期でも長期でも普通のバイトだと、「疲れたから今日もう帰っていいっすか?」なんて言っても「は?」で終わりですから。

ウーバーイーツで稼ぐなら休日が狙い目な理由

注文件数が多い

休日が稼げる理由の一つは、まぁ単純に注文件数が多いですよね。やっぱり。

平日、稼働しているときよりも配達パートナーをよく見ますが、それでも、注文を受けることができますから。

 

てか、なんなら、街中で配達パートナーを結構見かけるのに、それでも連続で鳴ることが多いです。

連続というのは、配達する商品を、お店でピックアップして商品をお客さんに配達し終わる直前、もしくは、あと5分くらいで配達終わるくらいの位置に来たら、次の注文のピックアップの依頼がピコピコ鳴り始める、って感じ。

 

そんな感じで、続けざまに注文がすることが多々あるので、次に説明する「クエスト」が達成しやすいのはもちろんだし、単純にその配達分のお金も稼げるというわけです!

 

インセンティブ(クエスト)が付与される

稼ぐコツとしては、まずはインセンティブを狙うということです。

これは間違いない!

 

このインセンティブを達成できるかどうかで時給換算したときに「おおーーーっ!」となるか「まぁまぁやな」となるかが変わってきます。

それだけ、インセンティブをクリアしたのと、そうでないのではかなりの違いがあるというわけです。

 

なので、時給換算して時給1500円以上を狙いたいのであればインセンティブを確実にクリアして行きたいですね。

 

京都のウーバーイーツの場合、今のところ休日に発生するインセンティブとしては「クエスト」というものがあります。

この「クエスト」というのは、こなした件数に応じてプラスでボーナスが支払われるというもの。

参考

 

なので、短い距離の配達だったとしても関係なく一件としてカウントされるので、自転車で短い距離をパンパン配達していくという自転車Uber Eats配達パートナーの人達にも狙いやすいインセンティブだと思います。(というか自転車の方が有利な気がします。)

Uber Eats(ウーバーイーツ)京都で稼ぐことを教える(僕の場合)

僕が実際に働いてみて思っている「京都のUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして稼ぐコツ」をシェアします。

まぁ、僕が勝手に思っているだけかもしれないけど、今の所うまくいっているので、少しは参考になる!(はず..)

高ブーストは無理に狙わない

個人的には、ブーストの数字はあまり無理して追わなくてもいいと思いっています。(ブーストは、インセンティブの一種で、ざっくり言うと配達の基本料が何倍かになる。)

そんなに高ブーストの地域を狙って行かなくてもいいと思うんですよね。

 

それよりも、件数をこなすことを優先する!

 

これは、平日に稼働するときも結構意識しています。

 

上にも書いた通りクエスト発生時は、件数が評価されるので、休日のクエストのインセンティブが付いているときなら、なおさらですよね。

 

あとは、ブースト率の違いを、いちいち細かく見るより件数をこなす方が稼げるとおもうんですよね。

ブーストの数字の小さな差異より、とりあえず一件ずつ鳴ったらとる!

これが大事です。

注意:クエストのインセンティブを狙っている時は、状況に応じてロングピック(長い距離からの呼び出し)は拒否した方が良い場合もあります。無駄に時間だけ取られてしまうので。

ですが、基本的には、積極的に受ける方が応答率も下がらないので良いと思います。)

効率よく配達(ピックアップ)する

そしてとったら、効率的な配達を心がける!

それもかなり大事だと思います。

 

効率的な配達(と、ピックアップ)が大事なのは、 Uber側のシステムで「効率よく配達(ピックアップ)しているかどうか」をチェックしているらしいんですよ。

 

そういうアルゴリズムだか AIだかがあるらしいので、しっかりと効率良く配達やピックアップして、システム側に、「自分は優秀の配達員ですよ〜」とアピールしておくと、その後の配達依頼が来やすくなったりとするようです。

 

まぁ、これも考えると、当たり前ですよね。

そりゃあ、しっかり寄り道せず、最適なルートでピックアップ先だったり、配達先に効率的に到達できる人に依頼した方が、Uber側もお客様(レストラン、注文者)も全員ハッピーですもんね!

 

ということで、効率的な配達やピックアップを心がけて、注文が鳴ったら積極的とる!ということを僕は稼ぐために意識しています。

まとめ:副業サラリーマン、主婦・主夫や学生掛け持ちバイトにもオススメ

と、いうわけで、色々書いてきましたが、結局何が言いたかったかというと、Uber Eats配達パートナーは結構稼げるよってこと!

 

しかも、いつでも働けて、どのタイミングで終わってもいいというめっちゃ自由な働き方ができるという魅力付き。

 

なので、副業や学生で掛け持ちバイトしたい人や自分も時間を大事にしつつ、空き時間に働きたい人なんかには、これ以上ないほどオススメです!!

 

今現在、京都でUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして働いていて、この感じなので、

これからもっと京都のUber Eatsが認知されて盛り上がれば件数も増えるだろうし、インセンティブももっと多くなるかもっ!

なんて甘い希望を抱いている今日この頃です。笑

 

今回、紹介したのは、僕がメインで働いている京都での話ですが、ほかの都市でも似ている・参考になると思います。

 

東京の人は、京都とは比にならないほど注文数があるので、人・スキルによりますが、1日3万円以上稼ぐ人もいます!

どんどん対象の都市も拡大していますので、興味を持った方はぜひ一緒にUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして働きましょう!!

(現在の対象都市は、東京、横浜、川崎、さいたま、千葉、名古屋、大阪、京都、神戸、福岡です)

▶︎【画像付き】詳しい登録の仕方、必要なものを解説しました。

当サイト限定クーポンでお得に食べよう

初めてUber Eatsを利用する方は、当サイト限定の招待コード【eatsinter196jzs】を入力してもらうと、初回注文に使える合計1000円分のクーポンがもらえます!

▶︎【画像付き】注文方法のわかりやすい解説はこちら!

 

 

※Uber Eats(ウーバーイーツ)関連の記事のサイトマップを作りましたので、ぜひ合わせてお読みください。

▶︎【自由に働いて稼ぐ】Uber Eatsで働くなら読んでおきたい記事マップ

 

関連記事








 

Uber Eatsが可能な各都市の記事








おすすめの広告とAd



-Uber Eatsの基本

Copyright© ブタのしっぽをひっぱると , 2019 All Rights Reserved.