知らないと危険?コンタクト用と普通の裸眼用の目薬はなにが違うのか調べてみた。

こんにちは、ピムリコです。

ピムリコは普段、コンタクトをしています。
結構ドライアイ気味なので出かけるときは目薬を持ち歩いるのですが、先日、うっかり忘れてしまい、薬局で購入しました。

そのとき急いでたのと、安かったという理由でいつも使っていない目薬を買ってみることにしたのでした。

買ってから箱をよく見てみると、ソフトコンタクトレンズを着用しながらの使用はおやめくださいとある。


まじか。

じゃあなんのために買ったんだ!!ってなことを思いながらがっかりしていると、

そもそも、なにが違うの!?という疑問が浮上ました。

なので、今回買った目薬を無駄にしないためにも、ちょっと勉強してみたので共有します。

コンタクト用と裸眼用の違い

基本、裸眼用の目薬には防腐剤が含まれているようです。

これは、もちろん点眼液の品質をより長く保つために必要なので、目の健康を害さない程度に含められて販売されています。

ですが、コンタクトレンズにとってはこの防腐剤が悪影響を及ぼすのです。
ちなみに、この場合のコンタクトレンズというのは、ハードではなくソフトコンタクトレンズの方です。

ハードの方は、レンズの素材が硬いため、目薬の影響をあまり受けないからです。
てか、そもそもハードの場合、水道水を洗浄に使ったりしますしね。

注意が必要なのは、ソフトの方です。

ソフトの場合、レンズに水分を含んだ柔らかい状態のものなので、目薬の防腐剤の成分がレンズに吸収され蓄積しやすいのです。

なので、防腐剤入りの目薬を点眼しつづけていると、ソフトコンタクトレンズに防腐剤が蓄積された状態で装着することになり角膜が常に防腐剤の危険にさらされている状態になります。


なんだか、文にすると怖いですね。笑

特に2weekやマンスリータイプの使い捨てレンズなんかは、ある程度の期間を継続して使い続けるので注意しなければいけません。

ちなみに、1日で使い捨てるワンデーのレンズなら、点眼したとしてもその日の夜には捨てて次の日は新しいレンズに交換するのでワンデータイプなら、防腐剤の影響はそれほど大きくはないとされているようです。

さいごに

ピムリコにとって目薬というと、あまりに日常的なものだったしほとんどずっと同じものを使用していたので特に気にかけなくなっていました。

今回間違って購入した目薬がきっかけでしたが、あらためて自分の体の中にいれるものに対しての意識を促されました。

みなさんも自分の大切な眼を守るためにも、体内にいれるものに注意をしながら生活をしていっていただければと思います。

では。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする