iPhoneのバッテリーが使い物にならなくなったので自分で取り替えてみた。

こんにちは、まぁるいお腹のピムリコです。

以前、auから楽天モバイルに変えたという話をしましたが、その時以来、同時購入したzenfoneをメインに使用してきました。

それまでは、iPhone5sを長いこと使ってきましたが、今ではサブ機として持っています。
なので、使用頻度は高くないのですが、このiPhone5sのバッテリーがもはや使い物にならないくらい劣化していることがずっと気にかかっていました。

どのくらい劣化していたかというと、まず充電していない状態だと何かしらのアプリを起動したらすぐ電源が落ちます。なので、常にモバイルバッテリーと一緒に持ち歩かなければならないという感じ。
でも、ここ最近もはやモバイルバッテリーでは充電の速度が追いつかないのか、充電しながら電源落ちるという所まできていました。末期ですね。

そこで、まぁサブ機だし最悪壊れてもいいかなってことで自分でバッテリーを交換してみました。

交換するための道具やバッテリーはamazonで買いました。

色々種類があって、かつ業者も様々なのでどれ買ったらいいのって感じだったのですが、レビューを参考に選びました。

詳しい交換の仕方は、こちらのサイトを参考にしました。
他にもyoutubeに、英語ですが海外の詳しいhow to動画なんかも上がっているので自分に合うのを参考にしてみてください。

今回、初めてiPhoneを分解してみたのですが、やっぱり自分でやってみると面白いですねぇ。
どういう風に、各部品が繋がっているとかも自分で分解していくと新鮮な体験ですし。

そもそも、iPhoneを使っている時にカメラユニットがどのように動作しているかなんて誰も興味ありませんが、実際に自分でいじってみると、“興味をもつ”というファーストステップをクリアしやすいと思います。

もちろん、物理的にどう繋がっているかだけでは、ソフトウェアによる制御され方なんてわかりませんが、そんなことは別にいいんです。
めっちゃ興味持ったら自分で調べて、わかるようになったり自分で作れるようになればいいんです。
最初の時点では、まず興味をもってみるっていうことが大事だと思います。

その目的を達成するのには、自分でやってみるというのはすごく重要なことだと今回iPhoneを直してみて思いました。

修理風景

iPhoneを開けるとこんな感じでした。
正味ネットでみながらでないと絶対やり方わからなかった。笑

バッテリーを外した状態。
普通に両面テープで固定されてた。そこはアナログか。

今回買ったのは、このバッテリー。
レビューの内容と件数で買ってみた。

左が古いやつ。

写真だとわかり辛いですが、古い方が若干厚くなってます。
膨張しているって感じなのかな。

なんとなくカメラも外してみた。
意味は特になし。すぐ戻した。
こんな風になってんだなぁ。へぇぇ。って一人でなってた。

バッテリー交換を無事終えて、順番に組み立ていって最後に残った謎のパーツ。
こんなんあったっけ?お前だれやねん?
適当にハマりそうなとこにはめておきました。


結果、ちゃんと充電できるようになりました!!!

これでまたモバイルバッテリーなしのiPhone単体で持ち歩くことができます。
今は、iPodとして音楽プレイヤー的に使っていこうかなとも思っています。

ちなみに、リチウムバッテリーはこんな感じで曲がります。
曲げた感じは手の触感的には、硬めのキャラメルをグッと噛むときみたいな感じです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする