深夜特急に出てくる香港のチョンキンマンション(重慶大厦)は危ない?格安宿に泊まってみたのでシェアします。

どうも、ピムリコです。

みなさん、香港にあるチョンキンマンションはご存知ですか?
漢字だと”重慶大厦”と書きます。

ホテル宿泊費が、めちゃくちゃ高い香港において格安で泊まれる宿が集まっているビル、それがチョンキンマンション(重慶大厦)なのです。

ピムリコは、以前から名前を知っていました。

なぜかというと、バックパッカーのバイブルである深夜特急を読んでいたから。
なので、香港に行くことになったときに(ただの観光ですが)、絶対行ってみたい!と思っていました。笑

しかし、このチョンキンマンションは一癖も二癖もあるので、体験したことをもとに注意点や宿のレビューを書いてみたいと思います。

チョンキンマンション(重慶大厦)とは?

立地が最高

雑居ビルで、次章で書くように飲食店や両替所も入っているけど、上階には普通に住んでいる人もいるのが、チョンキンマンションです。

チョンキンマンションはいいところは、立地と宿泊費の安さ。

立地は、彌敦道(ネイザン・ロード)という香港のメインストリート。
その通りの中で、最も人が集まっている尖沙咀(チムサーチョイ)というエリア内にあり、MTR尖沙咀駅の出口からすぐのところにあります。

このエリアは、フェリー乗り場が近くにあるので夜になると綺麗な夜景をみることもできるしもちろんショッピングにも便利な場所。

ホテルの値段がめちゃくちゃ高い香港において3000円未満で泊まれるというのも魅力のひとつ。
その安さや外観につられて、世界中のバックパッカーたちが安宿を利用しにやってきます。

実際、ピムリコが泊まったところでも、大きなバックパックを背負ってくる人たちが次々にチェックインしていきてました。

歴史が面白い

興味ある人はググったら色々出てくると思いますが、ここで簡単にざっくりと書くと、

戦時中の香港において、どこの主権国家にも属さない場所があり、それが九龍城砦と言われる建物。

しかし、戦争が終わり、いろんな悪いやつらとか不法滞在者なんかが、無法地帯である九龍城砦に逃れてきて、そこでいろんな悪い行いをしてました、と(ちなみに、言うほど治安は悪くなかったらしい。そこのいる人たちで、ある程度の秩序ある生活をしていたみたい。違法な取引とかそりゃあったけど)。

その後、戦後ある程度落ち着いてきて、さすがにこれはいかんということで、政府が規制しようとしたり住民を引っ越させようとしたりしたけど、揉めて、手に負えんしめんどいから、建物ごと壊そうということになり、そこにいたやつらが逃れた先が、チョンキンマンション。

みたいな感じ。ざっくり書いてみたけど、だいたいあってると思う。
興味もった人は、詳しく調べて見ると面白いですよ。

雰囲気は?一階にはレートの良い両替店が!

一階にはレートの良い両替店が何件も固まって存在しています。
その他、インド料理屋、simカード屋、いろいろ売ってる謎の売店とかがひしめいていました。

雰囲気を表すとしたら、混沌、雑多、インド人(南アジア人)いっぱい


夜閉店するとこんな感じ↓

ちなみに、チョンキンマンションのすぐ入り口にキャッチみたいやつらがたくさんいます。

彼らは、「ニホンジン?ニセモノあるよ。ニセモノの時計どお?」とか「ヤスイホテルたくさんアルヨ」などと話しかけてきてます。

目を合わせず反応しなければ大丈夫です。それでも、しつこければ NO!!!!!でOK。

なんでニセモノってわざわざ言うんだろうと思ったのですが、ニセモノと言わないと、あとでニセモノとわかった場合訴えられるので、その対策らしい。


すごい!ちゃんとしてるやん!えらい!


ニセモノを売ってるけどね!!!

チョンキンマンションの注意ポイント

この建物の構造が変わっていて、複数のビルの集合でできているため、グランドフロアのエレベーターで上階へ行く場合、適切なエレベーターを選ばないと自分が行きたい場所にはたどり着かないので注意が必要です。

一応、ピムリコが行った時は、エレベーターのところに各ホテル・宿はどのエレベーターから行けるのかというのが貼られていましたが、それが全部正しいのかは不明。

部屋を直接見学してから選ぶときのポイント

上で書いたように、チョンキンマンションの入り口付近にいるホテル勧誘のにいちゃんたちいるのですが、宿を取ってない場合や急遽泊まる場所が必要な場合には、彼らの言っている”ヤスクテイイ(安くて良い)ホテル”というものを実際に見てから決めることもできる。

ピムリコは、この時、Booking.comで安宿を一応押さえていたのだが、面白そうだったので見学してみた!

そのときに、「もし直接見学してから泊まるならチェックすべき」だと思ったのが以下の点。

部屋を選ぶ時は、空調、水系(シャワー・トイレ)、部屋のドアの鍵は確認すべし。

まず、空調

これは、気温が高い時期に行くなら、空調が効かないと、部屋とったのに結局眠れないなんてことになるので注意が必要。

水回りだと、シャワーの温度と水圧はチェックしたほうが良い。

特に、温度。特段暑い時期以外だと、さすがに夜にシャワーを浴びると温水でないと冷たすぎて浴びれない(orかなりの苦痛を伴う)ので気をつけたい。

水圧は、あまりこだわりすぎるとどのホテルも無理になるかもしれないので、普通にシャワーとして出てれば良しとすべき(香港に限らずだが、チョロっ、チョロっ、チョロ〜みたいなのがあるのでそうじゃなければ良し)。

あと、日本人的にはトイレをぱっとみて明らかに詰まってなかったら大丈夫!と思ってしまうが、見た目は大丈夫でも水が流れないということも稀にある。だいたいの場合は、大丈夫なので神経質になるほどではないけど。

あと、防犯面だと”部屋のドアがしっかりロックできるか?”というのも大事。

鍵が壊れているなら、なにを言われてもその部屋は選ばないように。違う部屋を案内してもらいましょう。

ピムリコは結局、値段的にBooking.comで予約してた宿の方が安かったので、そっちに泊まることに。ごめん、あのときのインド人みたいな人

案内させたけど結局泊まらないというウザいやつになってしまったけど、まぁ、予約していた宿より安くて良かったら変えるという約束だったので、値段的に魅力的でもなかったし部屋も特別良くもなかったのでしゃーない。

泊まった安宿は、Day And Night Hotel

宿泊費の値段

日本円で一泊2000円ほどだった。ほぼ値段だけで決めたようなもの。
あと予約するの遅かったので他に選択肢がなかったというのもあるけど。

ちなみに、Booking.comで調べたときに出てくる部屋の写真は、かなり盛られているので鵜呑みにしないように。笑

掲載写真のイメージを、脳内フォトショップで7割ネガティブ方向に加工して、広角レンズで撮影された分を還元してギュッと窮屈したのがリアルな部屋のイメージです。

Hotels.comでも同じ写真が使われてたので信じちゃダメです。w

部屋はバリ狭い

通路はこんな感じでほっそーーーーい↓

部屋は、シングルだとくそ狭い。

部屋の空間は、すべてベットという感じ。ユニットバス部分にトイレとシャワーがあるのみで、他に空間はない。

狭すぎて、下がって撮れずにこんな写真になったけど、まぁここに写っているのが全てだというのが伝わるかなw ↓

寝るためだけの貧乏旅行の宿なら全然あり。期待しすぎなければね!

まとめ

チョンキンマンションのことをググると、やれ悪の巣窟だの、怖くて悪い人がいっぱいいる場所だの書かれていたりしますが、それは過去の話です。

現在は、言われているほど危なさは感じませんでした。

ですが、ぼったくりとかスリとかあるみたいですし、貴重品の管理とか部屋もドアをちゃんと閉める等はもちろん必要。

ちゃんと気をつければ、女子も泊まれると思う。気軽に泊まる場所ではないだろうけどね笑

男は、普通に気をつけてれば全然使える安宿、女の人にとっても、男よりも4割ましくらいで気をつければ使える宿だと思いますね。

ぶっちゃけ、部屋は狭いしお金がある人は普通のホテルに泊まって、観光がてら両替だけしに来るというのでも全然アリだと思います(レートがいいので)。

では。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする