airpods2をアンドロイドで使ったレビュー

コンピューターのこと レビュー

AndroidでAirPods2を使って3ヶ月ぐらい経ったからレビューするよ!

更新日:

こんにちは、ピムリコです。

ブログには書いていませんでしたが、実はAirPods2を買っていました。

 

別に隠していたわけではありませんが笑、ちょっと書く時間が取れずにレビューを全然出来ませんでした。

ですが、ついに書く気になった 時間が取れたので、3ヶ月ほど新しいAirPods2使ってみた感想を書いてみたいと思います。

 

ちなみに、僕のデバイス環境を書いてておくと、スマホはアンドロイド(ファーウェイP20 lite)で、パソコンはMacブックpro(古いやつ、ディスクが入る最後のモデル)、そしてiPad pro(2018)使って生活しています。

ここまでアップル製品づくしなら、スマホもiPhoneにしろって話ですが、今のところ予算的にそれが叶っていません。苦笑

 

Android(アンドロイド)スマホでAirPods2は快適に使えるのか?感想書くよ

先に結論から書くと、Androidスマホでもめちゃ快適に使えます!

 

しかも、僕のアンドロイドスマホは、ファーウェイP20 liteという低価格帯のコスパ抜群のスマホで、ソニーのXperiaなど高級なモデルのアンドロイドでもありません。

そんな雑魚アンドロイドスマホでも、アップルのAirPods2はしっかりと快適に働いてくれましたw

 

なので、「AndroidだけどAirPodsとの相性大丈夫かな?」と悩んでいる人、もしくは、「AirPodsをいまだに1度も試したことがない人」にはお勧めできると思いますね。

僕自身、AirPodsは1度も試したことがなく、ずっと気になってはいたのですが、価格やアンドロイドを使っているという面が気になってなかなか手が出ませんでした。

 

ですが、今回買ってみて「やはり、さすがアップル製品だな!」というのが素直な感想ですね。

所有欲を満たされますし、日々使っていて気持ちがいいです。

そんなプロダクトですよ!

Powerbeats3 Wirelessも持っていたのですがAirPods2を買った理由

ちなみに、軽くAirPods2を買った理由も書いておきたいと思います。

興味ない人は次の所まで飛ばしてくださいね。

 

僕は以前記事にもしたようにPowerbeats3ワイヤレスというbeatsのワイヤレスイヤホンを持っています。

参考 

>>Powerbeats3 Wirelessを買って半年使ったのでレビューするよ!

 

では、なんでAirPods2を買ったのかというと、最大の理由は「カナル型イヤホンが合わなかった」ということです。

たしかに、カナル型イヤホンはフィットしている感じはあり、Powerbeats3ワイヤレスもジムで使うときや走っている時などはその点良かったのですが、なんか耳の中が蒸れる感じや周囲の音がだいぶ聞こえづらい感じなんかが好きになれませんでした。

 

イヤホンは僕の場合、ほぼ毎日使うものなので、好きになれないものを使いたくなかったんです。

これが、僕がPowerbeats3 WirelessからAirPods2に買い換えた理由ですね。

AppleのAirPods2を買って良かったところ、イマイチだったところ(悪かったところ)

airpods2感想良かったところ

以下、買って良かった点とイマイチだった点を書いていきたいと思いますので、参考にしてみてくださいね。

良かったところ① 所有欲が満たされる

以前、iPad Proを買った時にも書きましたがやはりApple製品は所有欲が満たされますね。

今回のAirPods2もiPad同様、めっちゃ満足度が高いです。はい。

 

イヤホンは、かなり日常的に使うものなので、この「満足度が高い」「所有欲が満たされる」というのは生活の質(クオリティオブライフ的な!)を上げていく上でも有効だと感じますね。

良かったところ② 耳につけると自動でペアリングされる

上で「生活の質」と書きましたが、AirPods2のペアリング能力はかなり強力・便利で全く手間がかかりません。

どのくらい手間がかからないかというと、ケースから出して耳に装着すると、それを完治して自動で(Bluetoothオンの)スマホやipadとペアリングします。

 

これは、本当生活の質をアップさせてくれる感じをヒシヒシ感じることと思います。笑

 

冗談抜きで、このペアリング能力の高さ、スムーズさは本当に気に入っています!

しかも、僕も格安Androidスマホでもしっかりと自動でペアリングしてくれるので本当にすごいです。

 

良かったところ③音飛びが少ない

AirPods2は、やはりApple製品だけあってクオリティは高いと思いますね。

 

音飛びもほとんどありませんし、音質もクリアです。

音にすごくこだわる人にとっては、不満もあるかもしれません。そういう人は、さらに高い価格帯のヘッドフォンなりイヤホンを買う必要があるとは思いますが、

「ある程度音がきれいであれば良い」「普通に綺麗に感じる音なら満足である」と言う人に関しては、今回のAirPods2音質は満足できると思います。

 

ですが、正直、音飛びが全くないと言うわけではなく、若干音が連れたり後は左右差が生まれたりというのはありますね。

これは、後述する「イマイチだったところ」で書きたいと思います。

良かったところ④イヤホンが左右独立していてバラ(片方)でも聞ける

僕は、結構片耳だけイヤホンをつけて、もう片方の耳は開けておくということを結構するのですが、今回のAirPodsは左右独立タイプなので、それができるのがありがたい。

以前買った安物のBluetoothイヤホンは、片方だけだけ認識されなかったのが嫌でした。笑

 

彼氏や彼女とイヤホンを左右で分けあって一緒に音楽を聞いたりや動画を見るという使い方もできるというわけです。

 

ちなみに、僕は、ウーバーイーツで配達中に注文の音を聞き逃さないように片方だけ装着するという使い方に良く使っています。

(両耳は危ないから塞がない方が良い!)

良かったところ⑤普通にかっこいい

なんかAirPods発売当時は、「耳からうどん」とか言われていた気がするのですが、僕自身は普通にかっこいいと思います。

 

僕が買おうか迷っていたときの最後の決めてになったのも、DAZN (ダゾーン)で久保建英がレアルの試合だか練習に参加する前にゾーンで AirPodsをつけていて「やっぱりかっこいいデザインだな」と思ったからでした。

 

かっこいいと思えるプロダクトを使って生活できるというのは、幸せですよ。

良かったところ⑥耳から外すと自動で停止、再度装着すると自動再生が始まる

これは、かなり良い意味でびっくりしたポイントなのですが、AirPods2では iTunesやYouTubeなどで音楽を聞いているときに耳から外すと自動で停止し、再度装着すると自動で再生が始まります。

 

これは、本当ビビりましたね。笑

 

ただ、僕はAndroidスマホ(ファーウェイP20 lite)なので、スマホでAirPodsを使う場合は、この機能は利用できません。

もしかしたら、高いAndroidスマホなら可能かもしれませんが。

 

ですが、僕の持っている2018年モデルのiPad ProでAirPodsを利用する時は、この「耳から外すと自動停止、耳に装着すると再生」という機能が使えます。

なので、Apple製品を使ってAirPods2を使おうと考えている人は、この感動的な機能の恩恵を受けれると思います。

良かったところ⑦ めっちゃ安定していて全然落ちない

AirPods2を購入する前に、他の人が使ってるのを見てかなり不安だったのが、

「これって耳から落ちないのかな?」「ジムやジョギング中など運動時にも使いたいんだけど落としてなくしたりしないのかな?」

ということでした。

 

ですが、今のところジムやジョギング中なども使っていますが、基本的に落とした事もないですし落とす不安を感じたことさえありません。

耳の形状って人によって違う気がするのですが、これだけいろんな人の耳に合うような形をデザインしたと言うのが「さすがアップルだな〜」というふうに思いましたねw

 

ただ、やはり決して安いものではないので不安だと言う人や、もし購入して装着にしたときに自分の耳の形状が合っていないなと感じる人は、以下のようなアイテムを買っておくと紛失する心配はかなり減ると思います。

良かったところ⑧ バッテリーの持ちも結構良い

バッテリーの持ちも結構良いです。

通勤通学時間に使用するくらいだと2日は充電せずにいけますね。(通勤通学時間にももちろんよりますがw)

 

一日中着けっぱなしの人は、さすがに毎日充電が必要ですが、僕はそこまででないので二日に一度の充電で済んでいます。

ケースに入れておくと充電できるのも良いです。

イマイチだったところ① 音飛びが発生する、イヤホンの左右で音の時差が生じたりする

これはAirPods2の問題なのか、それとも僕が使っているスマホが安物のアンドロイドであるのが原因なのかはよくわかりませんが、たまに音飛びやイヤホンの左右で音のタイミングがずれたりします。

耳ってすごいなと思うのは、ほんの少しずれただけでも違和感を感じるところですね。笑

 

まぁ、 頻繁に発生すると言うわけではないので全然普段遣いとしては大丈夫です。

経験上、地下から地上に上がる時に音飛びやイヤホンの左右の音がずれたりとかすることが多いですね。

 

普通に家やカフェでじっとしながら使う分には、音ずれ・音飛びの心配はなく、快適に使えているのでそこら辺は安心してください。

イマイチだったところ② ケーブルがライトニングケーブル(Lightening cable)

個人的には充電する際のケーブルがライトニングケーブルだったのが若干残念でした。

2018年に出た最新のiPad ProはUSB-Cだったのに、その後に出たAirPods2がライトニングケーブルと言うのはちょっと微妙ですね。

もしUSB-Cだったらケーブルを複数持たなくても良かったので、その点は残念でした。

 

ちなみに、この商品▼は複数の種類のケーブルを持つ必要がなくなりますし、かつ変換プラグもなくす心配も無いので旅行や出先での充電にかなりお勧めです。

usb type c ケーブル マイクロusb タイプC 充電ケーブル USB-C to micro usb/USB-A 変換 typecスマホ データ転送 ナイロン編み 3.0急速充電&同期

イマイチだったところ③ 値段が少し高い

後はやはり、価格が高いというのは正直イマイチだと思いますね。

僕自身は、結果的に買って良かったと思っていますし満足をしています!

 

ですが、人それぞれ何にお金を使うかというのは価値観が違いますので、イヤホンにこの値段…と言う人も中にはいると思います。

まぁ、アップル製品なのでそのブランドにお金を払っている部分も結構あると思いますが、もう少し安くなってくれれば言うことなしなんですけどね...苦笑

まとめ:AirPods2 マジ良い!でもiPhoneとの相性の方が高い!それは間違いない!

というわけで、AirPods2に関して良かった点、イマイチだった点を書いてきました。

結論、AirPods2 マジ良いです。

めっちゃ気に入ってます。毎日、使っています。忘れたら遅刻覚悟で家に取りに戻るくらいヘビーユーザーです。

 

ただ、Androidスマホで使っていて思うのは、「やはりiPhoneで使った方がいい」ということ。

まぁ、当たり前ですけどね。笑

 

僕が場合、 iPad Proを持っていてそれでもAirPods2を使っているので、余計その「Apple製品で使うかどうか」の差が気になっちゃうんですよね。

ただ、日本ではiPhoneを使ってる人が大多数だと思うので、基本的にはその点は大丈夫なのかなと思いますし、アンドロイドユーザーも間違いなく便利ではあるのでオススメはできると思います。

 

ちなみに、今回のAirPodswはワイヤレスチャージモデル非対応モデルが販売されています。

僕自身は、ワイヤレスチャージモデルを買いましたし、これからの製品はそういう流れになっていきそうなので、ワイヤレスチャージモデルがオススメかなと思います。

もちろん、ワイヤレスチャージモデルでも、有線で利用きますので、ご安心を。

 

では、参考になれば幸いです。

おすすめの広告とAd



-コンピューターのこと, レビュー

Copyright© ブタのしっぽをひっぱると , 2019 All Rights Reserved.