macのテキストエディットで文字カウントする方法

こんにちは、ピムリコです。

みなさんテキストを書くときに文字数を確認したいときありませんか?

はい、ありますよね。

ピムリコは、macを使っているのですが、Wordは入っていません。

なので、pagesというアップル版Wordを使っているのですが、このpagesは起動するまでに時間がかかりすぎてイライラします。

なので、簡単な文を書くだけならmacに標準装備されているテキストエディットを使用しています。

ですが、このテキストエディットには文字数をカウントする機能はありません。

が!

ある設定をすることで使用可能になりますので、そのれについてシェアしたいとおもいます。

手順

まず、スクリプトエディタを起動する。(今回はじめて存在を発見したアプリです笑)

このアプリは、finderからアプリケーション→ユーティリティー→スクリプトエディタで見つけられます。(古いバージョンだとApplescriptエディタという名前のもの。)

起動するとこんな感じ。

ここへこのようにコマンドを入力してください。

1

2

3

4

5

6

7

tell application “TextEdit”

set word_count to count words of document 1

set char_count to count characters of document 1

set show_words to (word_count as string) & ” 語 (” & (char_count as string) & ” 文字)”

set dialog_title to “TextEdit Word Count”

display dialog show_words with icon 1 with title dialog_title buttons {“Ok”} default button “Ok”

end tell

これを保存します。

Word countという名前で、いったんデスクトップに置いておきます。
このファイルは、別のフォルダーに移動させます。

で、そのフォルダーは新しく作る必要があるのですが、場所が決まっているので以下のようにやってみてください。

まず、Finderの上部メニューの移動を選択して、optionキーを押す。

ここにライブラリが表示される。

すると、隠れていたライブラリが現れます。なぜ隠れているのか笑
きっと恥ずかしがり屋なんでしょう。

そのライブラリのなかのScriptsの中にTextEditというフォルダーを作ってください。
Scriptsがない場合は新しく作って、そのなかにTextEditフォルダーを作成してください。

そして、TextEditフォルダーにさっきのWord countを移動させます。

今度は、スクリプトエディタ側の設定です。

スクリプトエディタを開いて、環境設定をします。

一般タプのメニューバーにスクリプトメニューを表示にチェックを入れる。

そうすると、画面右上にショートカットアイコンが追加表示されるようになります。

このショートカットから、TextEdit→Word countで文字数がカウントできます。

注意

よくわかりませんが、このカウント表示とpagesの文字カウントでは数が違ったりします。
特に長くなると。

スペースをカウントするかどうかとか、細かいところが違うのかもしれません。

なので、ざっくり知りたいくらいなら大丈夫ですが、論文なんかで文字数を正確にカウントする必要がある人は、注意して利用してください。

では。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする