ブタのしっぽをひっぱると

京都、東京、大阪、横浜、名古屋、福岡、千葉etc 都市を超えてUber Eatsで稼ぐ!配達員学生の雑記ブログ

Uber Eats

ウーバーイーツでは外国人や主婦、おじいちゃんなど老若男女が働いている!

更新日:

こんにちは、ピムリコです。

ウーバーイーツが京都で始まってからはやくも1ヶ月がたち、街中で配達員を見かけることも多くなりました。

そして、9月に京都以外の都市でもウーバーイーツやってみたいなぁと思い、東京まで遠征してウーバーイーツ配達員として働いてきました!笑

 

そんな経験をもとに感じているのが、ウーバーイーツ(Uber Eats)配達員には、本当に色んな人が働いているということ!

実際、「ウーバーイーツってどんな人が働いているの?」ということを今回は、書いてみたいと思います。

「自分でもできるかなぁ?」なんて、やろうかどうか迷っている人は是非参考にしてみてくださいね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員は、主婦や学生、外国人など多種多様な人達で構成されている!

自転車好き

まず、純粋に、自転車に乗るのが好きな人が働いていることが多いです。

最近だと、ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツタイプで高級な自転車を持っている人も多くなってきていますよね。(僕は持ってないけど...)

 

そんな人達は、純粋に自分の”愛車”と呼べる自転車にのることが好きで、そのマイ自転車で配達することが楽しい、と感じているようです。

 

たしかに、自分のお気に入りの愛車で街中を探索しながら自由に働けるというのは、魅力的ですよね!

女性(主婦、ガチレーサー、学生など)

京都でも若干見かけるようになってきましたが、東京では結構、女性配達員の方たちも見かけました。

 

女性といっても色々で、

意識高い感じの健康的な女性(悪口ではない)、ロードバイクにまたがりガチレーサーみたいな服をきて配達している女性、普通の女子大学生(たぶん)、

中には、子供を乗せるシート付きのママチャリで配達している主婦の人もいました。

 

この方とすれ違って挨拶した時は、時間的に子供の幼稚園のお迎え前くらいだったので、その前にひと稼ぎといった感じだったのかなと思います。

 

このお母さんのママチャリ配達の姿は、働くお母さんってカッコイイなぁと思わせてくれるものでした!

おじいちゃん・おばあちゃん(退職シニア)

結構驚いたのは、おじいちゃん・おばあちゃんの配達員もいるということ。

(まぁ、年齢を具体的にきいたわけでもないですし、どこからおじいちゃん・おばあちゃんなのかって話ですが。)

 

おそらく、退職(リタイヤ)した後のシニアの方だと思いますが、そのような年代の方達もウーバーイーツ配達員として働いています。

 

たしかに、自転車で運動しながら、配達というのは健康にも良いですし、収入にもあるので一石二鳥というところですね。

 

一度、ピックアップ先が同じだったひとに、スマホの使い方を聞かれたことがあったのですが(ウーバーイーツ配達員はスマホが必須)、

高齢の方でも、慣れないスマホを使って(たぶん頑張って使い方を勉強したんでしょう)配達している姿は、やはりかっこよく映りました。

外国人

東京でかなりの人数会ったのが、外国人配達員の方達。

 

中には、話しかけてみてもあまり日本語が通じなかったひともいましたが(僕の話し方が難しかったかも)、ウーバーイーツ配達員なら、最低限の日本語がわかれば働けますからね。

 

ウーバーイーツは、外国人でも日本人でも、もし配達に不備があれば、お客様から評価されるシステムなので、仕事はきっちりする必要があります。

 

評価が低くなると、仕事を受けれなくなるので、外国人、日本人問わず、配達員として働いているひとは、評価を気にしてしっかり働いているので、日本語が少し拙くても、配達はしっかりしているので、大丈夫です!

 

言葉の壁を超えて働けるのも、ウーバーイーツの魅力だと思います。

ちなみに、日本人で海外のウーバーイーツ配達員として働いているひともいますよ。

フリーランス

ウーバーイーツ配達員の最大の魅力の「自由な時間に働ける」という点を生かして、フリーランスの人も多く働いています。

フリーランスと言っても職種はさまざまで、

デザイナー、アーティスト、コンサルタント、などなど。

 

あとは、フリーランスとは言わないかもしれませんが、芸人や俳優、バンドマンなんかもいますね。

職種だけでいったら挙げきれないくらい多様な本職をもった人が働いています。

副業サラリーマン(会社員)

平日は会社員で、土日などの休みの日に副業としてウーバーイーツ配達員として働いているおじさんもいます。

ウーバーイーツは、「疲れたら終われる」ため、平日に会社勤めをしている人でも、土日に「好きな分だけ」働くことが可能なので、サラリーマンの副業にはかなりありがたいのではないでしょうか。

 

副業推奨時代になってきたので、自由に働ける副業を探しているサラリーマンの方には、うってつけの仕事だと思いますよ。

 

※▼こちらから登録してもらうとお互いにボーナスがもらえますので、よろしければどうぞ!(すでに入力されている招待コード:97tenzは消さずに登録してください)

 

 

学生

「まぁ、そりゃあそうだよな」って感じですが、学生もいます。

てか、僕がそうですし。

 

実際、僕は、院生なので、時間的にもうシフト制のバイトはできないので、スケジュールの都合がつきやすいバイトを探していて見つけたのがウーバーイーツだったんです。

 

なので、学生でもがっつり勉強していて忙しい人、資格の取得を目指していてバイトに時間を割きたくない人、なんかにもかなりオススメできます!

僕が実際に、そのように働いて収入を得ていますから!

 

※▼こちらから登録してもらうとお互いにボーナスがもらえますので、よろしければどうぞ!(すでに入力されている招待コード:97tenzは消さずに登録してください。金額等は都市によるようです。)

 

コミュニケーションが苦手そうな人

以前にも、ニート・引きこもりから脱出するのにウーバーイーツ配達員はオススメだぞって記事を書きましたが、

僕が思った通り、やはりウーバーイーツ配達員で働いている人の中には、コミュニケーションが得意でなさそうな人、引きこもりニート上がりっぽい人も少なからずいますね。

 

僕がそうなんで、類友センサーで感じ取れるんですよ。笑

 

まぁ、ウーバーイーツ配達員がニートや引きこもりにオススメということの詳しくはその記事を読んでもらうとして、

まぁ、別にコミュニケーション能力が低くてもいいと思うんですよね。

 

みんながコミュ力高い社会とかそれはそれで気持ち悪いし。

そんな人でも自由に働けるのがウーバーイーツの魅力でもあると思っています!

 

※▼こちらから登録してもらうとお互いにボーナスがもらえますので、よろしければどうぞ!(すでに入力されている招待コード:97tenzは消さずに登録してください。金額等は都市によるようです。)

 

 

まとめ:つまり日本人も外国人も老若男女働けるウーバーイーツ(Uber Eats)配達員!

どんな人がウーバーイーツ配達員として働いているのかについて書いてきました。

まぁ、読んでもらってわかる通り、本当に多種多様な人たちが働いています。

 

色々な理由やバッググランドを持った人が、働きたい時に自由に働けるのが、ウーバーイーツ(Uber Eats)配達員です。

 

なので、「自分でもできるかなぁ?」と不安に思っているひとは、ぜひこの多種多様の一員として働いてみてください!

きっとあまりの自由さに、今までの労働に対する感覚も変わると思いますよ!

 

※▼こちらから登録してもらうとお互いにボーナスがもらえますので、よろしければどうぞ!(すでに入力されている招待コード:97tenzは消さずに登録してください。金額等は都市によるようです。)

 

これから配達員になる人に読んでほしい記事






関連記事






Uber Eatsが可能な各都市の記事








おすすめの広告とAd



オススメ記事

1

こんにちは、ピムリコです。 ちょいちょい記事にしていますが、現在、京都のウーバーイーツ配達員として働いています。 そんな僕ですが、先日、一日で2万円を超える金額を稼げました! その流れが結構ドラマチッ ...

2

こんにちは、ピムリコです。 今回は現役Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の僕が、ウーバーイーツでの注文の仕方をわかりやすく解説していきたいと思います。   初めてウーバーイーツを利用 ...

3

どうも、ピムリコです。 京都でウーバーイーツが始まってはや5ヶ月。 全然鳴らなかった初期の頃を経て、先日はついに2万円を超える金額を1日で稼ぐまでになりました。   そんな僕が、ウーバーイー ...

4

こんにちは、ピムリコです。 みなさん、Binance(バイナンス)という取引所をご存知ですか? ピムリコは今まで日本国内の取引所でしか口座開設をしていませんでしたが、海外の取引所Binance(バイナ ...

5

こんにちは、ピムリコです。 先日行った名古屋のホテルのサウナが気持ちよすぎて、京都に帰ってきてからも入りたくて京都にあるサウナを探しました。笑   サウナだけというのではなく、だいたいどこも ...

-Uber Eats

Copyright© ブタのしっぽをひっぱると , 2018 All Rights Reserved.