【日本学生支援機構】入学時特別増額は予約採用のみだけど利子は低いので賢く利用しよう!

こんにちは、ピムリコです。

以前、予約採用と在学採用について記事にしました。

その予約採用時に利用できる入学時特別増額貸与奨学金という制度をご存知ですか?

今回は、その入学時特別増額貸与奨学金について書きたいと思います。

入学時特別増額貸与奨学金とは?

入学時特別増額貸与奨学金をざっくり言うと

入学時特別増額貸与奨学金とは、ずばり入学時のみ通常の貸与額より多くの金額を借りることができるという制度です。

入学時には、学費だけではなく入学金を別途支払わなければいけないので、その分を特別に貸与してもらえるというものです。

利用の条件は?

入学時特別増額貸与奨学金は、在学採用では利用することがず、予約採用時に申し込む必要がありますので注意が必要です!

この入学時特別増額貸与奨学金を利用するできる人は、第一種、第二種、第一種・第二種併用、給付型への申込者です。

さらに、下記のうちいずれかの条件を満たす必要があります。

  • 本人の年間収入(アルバイト、両親からの仕送り、奨学金など)と、配偶者の年間収入(定職によるもの)の合計が、120万円以下
  • 日本政策金融公庫の「国の教育ローン」へ申請し審査に落ちた人(申込みと審査落ちを証明する書面の提出が必要)

上記の条件を満たす人が入学時特別増額貸与奨学金を申し込むことができます。

貸与額と振り込みの時期は?

借りれる金額は、10万円、20万円、30万円、40万円、50万円のいずれかのうちから選ぶことができます。

そして、振り込み時期は、一回目か二回目の奨学金の振り込み時に通常の奨学金と同時に振り込まれます。(だいたい一回目の奨学金振り込み日に振り込まれるけど、学校によるという場合もあり)

ちなみに、通常の奨学金と同様に、金利は、固定方式か見直し方式かを選ぶことができます。

注意点

注意するポイントとしては、通常の奨学金と同様に入学してから貸与が始まるため、入学金を支払うタイミングには間に合いません。

なので、もし入学前に入学金を納めないと入学資格が無効になるという場合(延納が認められない場合)には、別の方法を考えなければいけません。

でも、合格が決まっており、奨学金の審査も通っているのなら安心してください!

とりあえず、入学金分を払えばいいので(授業料は延納できる場合が多い)入学金を親戚から借りたり、消費者金融(闇金ではない)で借りたりして入学金だけどうにか工面できれば、初回の振り込みで一気に入金された奨学金で返済すえばいいのです。

ちなみに、ピムリコの学校(国公立大)に確認したときは、入学金は延納できず、学費は延納可でした。

なので、入学金は色々な人に借りたり、消費者金融で借りたり(バイトでも借りれた!)してどうにか工面した記憶があります。

ただ、もちろん学校によると思うので、早めに自分の大学に確認することをおすすめします!

では、参考になれば幸いです。

有名な学生ローンの友林堂さん↓

関西圏でキャッシングなら消費者金融のアルク

来店不要でスピーディなキャッシングなら、≪独自審査≫株式会社アローのWEBキャッシング!
(過去に自己破産・債務整理された方もまずはご相談下さい。 )

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする