引っ越しの際に必要だった段ボールの数

今回の記事は、備忘録として書きたいと思います。

もう何回か書いていますが、最近引っ越しをしました。
そのときにの荷物の量を書き留めておきたいのです。
理由は、これからの生活で、いるものといらないものをしっかりと考えたいから。
そのために、今まで、なにをどれだけ所有していたのかを把握しておきたいのというわけです。

まず、ダンボールに梱包しなかったものたち。
  • 冷蔵庫
  • 電子レンジ
  • 炊飯器
  • 筋トレのベンチ、腹筋ベンチ
  • ダンベルx2
  • プラスチック製のゴミ箱と洗濯物入れ
  • 帽子とかコートとか掛けるやつ
次に、ダンボールに梱包したものたち。ざっくりと種類ごとで記す。
  • 本 ==========>6.5箱
  • 服 ==========>3箱
  • 電気機器系 ======>0.7箱
  • 料理系 ========>1.8箱
  • 雑貨(その他)=====>5箱

合計 17箱

以上のような感じです。

すべてのダンボールの大きさは、およそ46x30x30 (cm)で、100サイズと言われる大きさのものです。

ネットで調べたところ、一人暮らしの人だとダンボール10箱以下の人も2,3割いるようでしたので、そこと比べると少し多い感じですね(全体の割合の中では平均かちょい少ないくらいだと思う)。
正直なところ、もっと所有している荷物が少ないと思っていました。
なので、今回数えてみて、感覚的にこの荷物の量 少し多いなというのが本音です。

ただ、本が全体の箱数の三分の一を占めているので、箱数が多くなっている部分もあります。

本の扱いに関しては、今いろいろ考え中です。
今までは、紙の本がメインの生活を送っていましたが、今kindle unlimitedの無料期間を体験中なのですが、結構便利でFireタブレットかKindleを買うなら、さらに便利な読書体験が可能になりそうなので、どうしようかなーっと悩み中。
でも、kindle対応してない本が必要になるときも結構あるんですよねー。
今、一番魅力的な選択肢は紙との併用ですね。

話がそれてしまいましたが、ダンボールの数による荷物の量の把握という自分のためだけの内容でしたw


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする