京都の駐禁が厳しい件

こんにちは。
ピムリコです。

いきなりですが、京都の駐禁は大変厳しいです。

ピムリコは、自転車と原付がメインの移動手段なので、この二種類についての話ですが、めっちゃ駐禁切られます。

コンビニとか銀行を利用していて3分くらい停めていただけで、駐禁切られたこともあります。。。

まぁ停めてはいけないところに横着して停めていたので、切符を切られたあとに文句は言えませんので、いわゆる弁明をしたことはありません。というか、出来ないでしょう。よっぽど嘘を上手く付かない限りは笑

この駐禁違反というのは、停めている時間は関係ないみたいです。
駐車禁止エリアに停めていて、持ち主がいなければ違反とされ黄色いタグがハンドルらへんに巻き付けられてしまいます。

コンビニから出てきて、自分の原付にこの黄色いタグが貼られているのを発見した時の絶望たるや。
この黄色いタグは、駐禁違反の印で、罰金はたしか9000円(京都の場合)だったと思います。

コンビニで、うんこしてお茶買って出てきたら、

BOOOOM!!!!

罰金9000円!!!!!

F***CK!!!!!!
あと、京都は、自転車の違法駐車の取り締まりも厳しいです。

上記のように原付と同じような感じで、係りのやつら(通称緑虫)が見回っています。
で、自転車の場合は、撤去されます。
ピムリコの場合は、二条の撤去自転車保管場所に運ばれていましたが、竹田まで持って行かれたという人もいます。めっちゃ遠い。

もちろん、自転車の駐禁も罰金は課せられますが、これは撤去された先の保管場所で支払うことになります。
罰金は2000円ほどでした。

一回持って行かれても2000円なら払えばいいやって言っている知人がいましたが、こういう考えだと癖になります。笑
癖になるという表現は変かもしれませんが、なんというかこういう考えの持ち主ってこれを繰り返すやつが多い気がします。少なくても自分の周りではw

単純に5回繰り返したら1万円ですからね。
完璧に無駄な支出だし、無駄に役所にお金を献上していることになります。

なので、一回やったら反省し、

もう二度と駐禁エリアには停めないんだ!

もしくは、

次こそは絶対バレないところに停めてやる!!!

というような強い覚悟をもって駐車してほしいと思います。笑

みなさん京都にお越しの際は、レンタル自転車を利用することもあると思いますので、注意して頂けたらと思います。

ピムリコ自身に対しての戒めの意味も込めて記事にしてみました。

では。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする