京都の一人暮らしの学生の家計簿公開してみた!

こんにちは。

ピムリコです。

今日は、ピムリコの一ヶ月の家計簿を公開してみようとおもいます笑

理由は、京都に進学を考えている人や移住希望者なんかに参考になるかもしれないと思ったから。

まず、前提としてはどんな条件の人物の家計簿なのかが大事だと思うので記しておく。

ピムリコは、芸術系の大学院生で、京都市内(みんながいわゆる住む中心部のエリア)に引っ越してきたばかりの(つまり、家具とか買う必要がある)、よく食べる、男。

なので、女の人や引っ越したばかりでない人(家具を新しく購入する必要がない人)なんかは、そこらへんを考慮しながら参考にしてほしい。

以下は、わかりやすくするために、こっちで勝手に切り上げたり、切り下げたりして値段を書く。

京都で一人暮らしをするのに月いくら必要か。

  • 家賃 41000円(インターネット込み、振り込み手数料込み)
  • 食費
    自炊費(米含む) 21000円
    外食費 12000円
  • カフェ 5000円
  • 書籍代 12000円
  • 家具 5000円
  • 光熱費 4000円
  • 交通費 3700円
  • 携帯代 3500円
  • その他 12000円

こんな感じでした。

その他にも制作費なんかもかかっていますが、今回は省きました。
携帯代は、新しく楽天モバイルにしたので、その時の手数料なんかが含まれていますので通信料だけだともっと安いはず。

一部かかった費用についての弁明

カフェ代は、個人的にカフェが好きなので本を読んだりしにいく費用w
趣味的な費用です。
なので、普通の人はこのお金はかからないですね。
ちなみに、今月はかなりカフェに行ったので結構かかってしまってます。。。

家具の費用も普通の人には関係ないですね。
今は、引っ越してきて、ゼロから少しずつ家具を増やしていっている最中なので(といっても、最低限必要なものだけを購入する予定。あまり家にものを置かないようにしていきたいので。)、この費用がかかっています。

書籍代は、一応学生なので、やっぱり必要になってきます。
今月は、図書館で借りたりするものが多かったので購入した費用は少なかったです。
これが専門書を買ったりする月は、悲惨です。笑
まぁ、自分への投資ということで認識するようにしていますが。。。うぅぅ。。

その他には、細々した費用をまとめて計上した。キッチン用品とか洗濯用品とかその他諸々何に分類していいかわからないものが含まれている。

まとめ

家具とカフェと書籍代を抜くと、97200円でした!

東京に比べたら安いでしょうが、全国平均とかと比較するとどうなんでしょうね。
ちなみに、今月は、そこまで食費を厳しく抑えていなかったので、外食もまぁまぁしていました(疲れてると自炊するのめんどくなるんですよねぇ)。
それで、この値段なので、女性やあまり食べない人や、もっと外食を減らせる人はより全体を抑えることもできると思います。

今回は、今のピムリコの状況での家計簿を公開してみましたが、今はまだ家具を買ったり、携帯を新しく楽天モバイルに変えたり、auの解約のお金も請求されていたりするので、結構イレギュラーな支出が多くあるなぁと書いていて思いました。

なので、より正確に京都の一人暮らしの経済情報をつかんでもらうためにも継続して発信していきたいとおもいます!
来月またお楽しみにー

では。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする