【悲報】iCloudフォトライブラリが有料だった−ピムリコの場合−

こんにちは。

ピムリコです。

昨日の、Macの写真アプリにiPhotoからデータを移行させる方法という記事で写真アプリにライブラリを移管した話を書きました。

その後、この写真アプリの大きなメリットであるらしいiCloudフォトライブラリを使ってみようと試みたのですが、残念なことに有料でした。

正確には、5GBまでは無料で使用できるので、容量がそこまで多くないなら無料分だけで有効活用できたりするんでしょうけど、5GBなんてiPhoneで撮ってても写真データ用としては少なすぎるので、それ以上の容量を必要とする場合有料になります。

知らなかった…
というか、まぁそりゃあそうっすよね。

自分の写真データをクラウドで管理って、無料でそんなにたくさん容量を利用できないっすよね。

なんか勝手に無料をイメージしちゃっていました。

無料の5GB以外は他全て有料で、以下のような感じになっています。

わざわざ、ピムリコのために必要な容量まで計算してくれてプランを掲示してくれています笑

まぁ、月額でお金を払うほど魅力を感じないんですよねー
というか使わないと思うんですよねーそこまで。

安いか高いのかはピムリコには判断できませんし、そもそもお金ないのでパスです。

でも一応、やり方はわかったので記しておきます。
誰かの役に立つかもしれないし。

手順

まず、アプリを起動したら左上のバーの写真から環境設定を開く。

で、タブのなかのiCloudを選択

デフォルトではiCloudフォトライブラリにチェックがついてないのでここにチェックを入れる。

すると、ピムリコの場合入っているデータ量が多かったので、この画面が出現してくる。

必要な容量以上の項目しか選べないようになっている。
巧妙やな、apple。

試しに、1TBを選んで、次へを押してみる。

すると、

おっと購入させられる!!!

いや、買わないし!!!

てなわけで、戻るを押してキャンセル。

このiCloudフォトライブラリを無料で使うには、全体のデータ量を5GBにしておく必要がありそうですね。

でも、この機能は自動的にライブラリ全体をiCloudにアップロードして他のデバイスからアクセスできるようにするというものなので、自動でなく手動で好きなデータを選んでアップロードするのであれば、クラウドを利用できます。

あとは、50GBだと130円/月なので安いですし、お金ないピムリコみたいな学生でも利用できるかもしれないですね。

今のところは、ピムリコはとりあえずこの機能は使わないでいこうと思っています!

なぜかっていうと、格安simに切り替えて以来、Zenfone Goをメインで使用しているので、simフリーでないiPhone5Sはサブ機になっていて、そこまでiPhoneの使用頻度が高くなくなっているのでこの機能はなくても全然大丈夫なんでね。

あと、フォトストリーム機能を使えば、macとiPhoneをいちいち繋げなくても同期できるのでまぁ十分かなと。

今回の記事が少しでも困っている人の役に立てれば幸いです。

では。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする