両替するの忘れて日本に外貨を持って帰ってきてしまったときに役立つかも知れない話in京都

どうも、ピムリコです。

今回は、タイトルの通りですが、日本(街中)で外貨を日本円に両替したときの話です。
タイトルなげぇw


私、ピムリコは、現在京都に住んでいるので、京都の話になりますが、他の地域でも参考になる部分があるはずだと祈りながら書きます。

今月のお金やばい\(^o^)/

今月、引越しやらなんやらで、次にお金が入るまでやばいってなりまして、引越ししたばかりの新居で荷物を整理していたところ、いろんな国の外貨を持っていることを発見!

去年度、海外に行く機会結構ありまして、そのときに、外貨を両替せずに日本に帰国してしまい(まぁ、本当は、記念にとっておこうとか、またその国に行ったときに使おうとか考えていたのですが、お金がなくて結局日本円に両替することにw)、それが引越しの荷物から出てきて、これで少しはお金になるんじゃねぇかということで両替することを決意したのでした。

帰国してから、街中でどうやったらお得に外貨両替できるかの体験談をシェアします。

今まで見過ごしてきてごめんSMART EXCHANGE(自動外貨両替機)

帰国してからの外貨両替の候補としては、銀行やチケットショップでした。(←街中の話ね。空港は除く。家まで帰ってきた後の話なので。)

銀行は、レートが悪くクソみたいな感じでした。

次に、トーカイというチケットショップ。こちらは、銀行よりはいいレート。

で、比べてみて、なんか微妙なレートだなぁと思いながら今日両替するかどうか悩みながらふらふら歩いていたら、ふと目に入ってきたのが、SMART EXCHANGEという外貨両替機。
本当にたまたま発見しましたw(結構この道通っているのに今までは気づきませんでした。。。)

↓これ

興味本位で機械をみてみると、銀行よりもトーカイよりも良いレートではないですか!

やったぜーーーと、このマシーンで両替することを決意。

操作はめっちゃ簡単で、使用言語を選んで、両替したい通貨を選択。このときは、ウォンを選択。

そして、紙幣挿入口に一枚ずつ札を入れるだけ。

金額がOKなら決定すると、日本円ゲットできます!
レートなどが印刷されたレシートも出てきます。

↓一円拾ったw

便利。便利すぎる。てか、なんで今まで知らなかったか。

でも、今回知れたことで次からササッと利用できるぜ。ってな感じでるんるんで帰宅したのでした。

その次の日か、さらに次の日くらい。

まだ家に残っていた外貨を両替しようと思い立つ。

このとき持っていたのは、タイバーツ、インドネシアルピア、シンガポールドル、マレーシアリンギットの4種類。(量は少しだったけど、生活に困っているときには救世主!)

↓高額に見える紙幣たち

もはやあの両替マシーンを知っている状態の自分にとって、街中の外貨両替など余裕すぎるぜとばかりに街にくりだしました。

が、また、たまたま、本当に偶然ですが、その両替マシーンのある道に入る手前にあるチケットショップの外貨両替レートにふと目を向けると、

えっ、レートが、、良い、だと、、、

まさかの四条通に面したチケットショップの路面店が今まで、↑で比較してきたところよりレート良かった。

気づかなければ良かった。クソめ。損した気分やー。実際損してるし。

本当に距離的には歩いて2、3分ほどの場所でレート変わっているという笑
以前行った香港のチョンキンマンションもそんな場所だったことを思い出しました。

ふぅ。空を見上げ青空の綺麗さで心を落ち着け、

「よし両替しよ

店で両替できるか聞いてみたところ、いくらからとかはなく、札なら両替できるとのこと。

でも、買取になるみたいで、ブランドバッグとかを質に入れるときみたいに(したことないけど)店舗奥のドアの向こうのちっさい部屋での対応。

やったことは、普通に、どの外貨がどのくらいあるか数えて、店の人がレート計算して「合計この値段です、いいですか?」って確認してきて、OKぽよってサインして円と交換して終了でした。
免許証とかも確認なかったです。おそらく一万円未満とかだったからだと思う。
今回は、1400円くらいだったから笑

↓少額からの株トレード、株チャレやってます。


感想

今回の外貨両替の件で、レートの良い場所をはからずも発見することになったのだが、自動のマシーンより人間がいる店舗の方がレートが良いことに驚きました。

まぁ、ほかの店舗はマシーンよりレートが悪かったので、この店がお得なだけかもしれませんが、京都で外貨両替が必要なときは是非利用してみてください。

ちなみに、記事内でレートが良かったチケットショップはアクセスチケットという四条通りに面した阪急河原町駅すぐの店です。(早く書けって話ですね。ごめ)


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする