ゴルフ場バイト

働く、バイト

真夏にゴルフ場の駐車場の管理のバイトしたの給料などレビューします。

更新日:

こんにちは、ピムリコです。

今回は、 以前経験したゴルフ場の駐車場の管理のバイトのレビューをしたいと思います。

ゴルフ場も行ったことがなかったし興味を持ったことがなかったので、最初は、「楽そうなバイトだな」と思っていたのですが、これが大分キツかったので参考にしてもらえればと思います。

ゴルフ場の駐車場の管理バイトの仕事内容

まず前提として先に書いておきたいのは、僕がこの仕事を経験したのは真夏だったってことです。

もう、真夏も真夏でしたね。それを踏まえた上で以下お読み下さい。

仕事の内容

仕事内容は、「ゴルフ場の駐車場の車両案内」といった内容でした。

実際に、業務自体は特別難しいこともなく、そもそも車が混み合う時間も決まっていたので、めっちゃ簡単ではありました。

 

僕が働いたときのゴルフ場は、そこでプロの人たちの試合が行われてそれを見に来る人たちの車を誘導すると言うものでした。

実際働いてみて初めて知ったんですが、ゴルフってめっちゃ朝から早くからやるんですね。

なので、1番混む(客が来る)時間帯は、朝でした。しかも、朝といっても一番早い人は5時ぐらいきたりするので、その前には現地に行って準備なりを押しなきゃいけなかったので、実際起床する時間は4時とかでした。

 

仕事の流れ

もちろん、その時間に現地に行く事は無理なので前乗りをしてホテルに宿泊して車でゴルフ場まで行くと言った流れで働きました。

 

もう少し詳しく言うと、「実際に勤務する日の前日にいちどでミーティングや打ち合わせ・仕事内容の確認などを会場に行って説明を受け、その後、ホテルに戻り各自自由な時間を過ごし、次の早朝から勤務」といった流れでしたね。

 

個人的には、ホテルに泊まるの好きだし、もちろん宿泊費は派遣会社持ちなので、割と前乗りは嫌ではなかったですね。笑

 

実際の仕事内容

実際にやったこととしては、早朝に同じチームの人たちと用意された車で駐車場まで向かい、少し準備をしたのち、来たる車を次々ときちんと整列した状態で駐車できるように案内していくといったことをやりました。

 

正直、来る人もわかっているので「こっちです〜!」みたいな感じで誘導棒を振って案内すれば、勝手に停めてくれるので割とやることが少なかったですね。

 

朝は1番お客さんが集中して来るので台数としては多いのですが、 朝も5時とか6時くらいだと陽も出てないので、体力的には全然大丈夫でした。

ほんとにキツかったのは、陽が出始めてからでした。これは、ほんとに地獄でした。

 

ほんとに冒頭にも書いたようにド真夏の時期にやったので、陽が登り始めるともうたまらない暑さなんですよ。当たり前ですけど。

で、厄介なのが、ゴルフ場の駐車場ってすごくだだっ広いとこに作られてるので、正直日陰になる場所がないんですよ。

なので、 複数のポジションに分かれてローテーションしながらやっていたのですが、真っ昼間になってくると「どのポジションにいっても日陰がない」みたいな感じで、ずっと体力を消耗し続けるといった状態になっていました。

 

もちろん、「飲み物は各自好きなタイミングで飲みながら仕事をして良い」と言うふうになっていましたが、日陰がないので飲み物も太陽の日に当たり続けてめちゃ熱くなりますし、飲む量も増えるしでした。

多分合計4リットルとか飲んだと思いますね。苦笑

 

夕方は、ゴルフの試合が終わる頃には徐々にみんなが帰り始めるので、 帰る車の誘導しました。

ただ、帰る車に関しては勝手に出て行くので、まぁほとんど「 ありがとうございました〜」と言いながら誘導棒振っているだけでしたね。笑

車が全部いなくなった状態で勤務終了といった流れでした。

大変だったところ

仕事自体は簡単で楽な仕事でしたか大変だった事は以下の通りです。

まず、朝が早い。

前泊してホテルに泊まってるとはいえ、さすがに朝4時前とかに起きなければいけないので、それはやっぱりきつかったですね。

 

あとは、やっぱり暑さ。

正直これに尽きます。この仕事の僕の印象の大半は、「暑い」でしたね。

複数のポジションのうち1ポジションだけとか2ポジションくらい暑いとかだったらまだいいんですが、ゴルフ場の何もないただただ だだっ広い駐車場で、どのポジションも日陰なしでめっちゃ暑いっていうのは、身体的にもそして精神的にもきついものがありました。

 

しかも、業務自体が特にこれといって何かをするわけではなく、車きたら棒を振るみたいな感じ(しかも、昼間はほぼ車こない)なので、ただ暑い中でぽつんと立ってなければいけないっていうのは、大分きつかったです。

参考

今年の夏、外でバイト・運動するなら注意しておきたい熱中症対策をシェアするよ

勤務期間・時間、服装

勤務した期間は、 僕は1日だけでした。

ただ募集されたのは、2日間だったので、 一緒に働いている人たちは割とみんな二日間通しでやっていましたね。なので、ホテルも2泊泊まったみたいです。

 

勤務時間について。

ミーティングの日は、1時とか2時位の時間に集まったと思います。その後、ホテルに行きました。

実際に勤務した日は、上に書いたようにめっちゃ早く、四時くらいに起床、朝4時半ぐらいにホテルのロビーに集合、勤務は5時ぐらいからみたいな感じでしたね。

 

実働時間は、ミーティングの日は、1時間半。稼働日は、12時間くらいだったと思います。

もちろん休憩時間は別にありました。というか働いてる時はほとんど休憩みたいな感じでしたけどね。笑

 

ちなみに、服装は支給されたTシャツと自前のスニーカーでした。

 

給料はいくらだったのか

給料は、時給950円とかだったと思います。

なので、特別高いわけでは無いですし特別安いわけではないと思います 。早朝稼働分と残業した分はもちろん25%上乗せされていました。

 

交通費は、全額でました。

まとめ:暑さが無ければめっちゃ楽なバイト

総評としては、 とりあえず、暑さがきつかったといった感じです。

正直、この暑さがない季節であれば、かなりおいしいバイトだと思います。なので、やろうかどうか迷ってる人はその点だけ気をつけたほうがいいですよ。

 

あとは、何もしないでずっと立ってることをどう思うかも大事です。 人によっては、「何もしない立ってるだけでお金もらえてラッキー」と思う人もいるかもしれませんし、何もしてないことをきついと思うタイプの人もいると思います。

後者の人には、この手のバイトは結構大変かもしれませんね。

僕自身、何もしないでずっと立っているは結構きついと思うタイプなのですが、1日だけの短期バイトだったので乗り切ることができました。

なので、立っているだけの仕事はきついと言う人は、お試しとして1日か2日の短期バイトをまずやってみて、自分に合っているかどうかチェックしてみるのがいいと思いますよ。

 

短期バイトを探すなら、お祝い金がもらえるマッハバイトがオススメ!

 

おすすめの広告とAd



-働く、バイト

Copyright© ブタのしっぽをひっぱると , 2019 All Rights Reserved.