お金 大学生活

プロミスから始まった借金生活。レイク・アコムの借金地獄を経て無事完済した!

更新日:

どうも、奨学金絶賛返済中のピムリコです。

プロフィールも併せてどうぞ

 

今日は、僕が今まで借りていたプロミス、レイク、アコムなどの消費者金融からの借金を完済したので記念(かつ自分への戒め・備忘録として)それに経緯などについて記事にしておきたいと思います。笑

 

二十歳くらいから借金生活がスタートしているので、若い人・大学生などは、僕の借金生活を反面教師にするなりしてもらえればと思います。

 

プロミスから始まった借金地獄生活:引っ越し費が足りなくて借りたけど、あっけなく借りれてビビった

僕の借金生活は、最初プロミスから入りましたね。

たしか、初め借入はちょうど20歳の時だったと思います。

 

大学を中退した後、海外にぶらりと行ったりしていましたが(また記事にします)、その後日本に帰ってきても実家には居れないし、居たくもないので一人暮らし用の新居を探そうとしていました。

 

その引越し時に、まとまったお金が必要になったため気軽にプロミスから借りてしまったのがきっかけでした。

すぐに引っ越しをして新しい生活を始めたかったのと、バイトをしてお金を貯めるとなると働くタイミングと給料日のタイミングに時差があるのが嫌で、あまり深く考えずにお金を借りたように思います。

 

しかも、金額も別に大きい金額でもなく引っ越し用の10万円程度でしたし、

当時は90日間無利子キャンペーンみたいなのをやっていて、 その間に返せばただでお金を借りれたことになるからこれはいいんじゃないかみたいな考えもあったのをなんとなく記憶しています。

 

さらに、書いておくと、借りに行った時は無人機とその横にある電話で対応してもらったと思うのですが、当時はめっちゃ緊張しました。笑

 

気持ち的には、気軽な感じではあったのですが、いざ現場に行くと無人機で対面でなくても「すごい悪い重要な事」をしているような気持ちにもなりました。

プロミス の無人ATM店舗?は雑居ビルの二階とかにあったと思うのですが、そのビルに入るのにも勇気が入りましたし、周りをキョロキョロ伺いながら入るタイミングを伺っていたのを今でも覚えています。

 

ですが、実際に手続きをしてみると、必要書類を提出しさらに少しの対応をするだけで、あっけないほど簡単にお金を借りれたのに驚きました。

 

そうして、10万円が自分の手元になんの努力もなく突如として出現したのでした。

なんか、そのお金を持った途端に、強くなった気がしたのを覚えていますね。(書いていて恥ずかしくなってきた...)

次は、生活費が足りなくなり、借金を借金で返す生活のスタート

生活費はレイクで調達!w

こうして借金生活が始まったわけですが、ずぼらな僕が、大した考えもなく気軽に借りた借金を90日間の間に返済できれるわけもなく(というか、そもそもバイトもしてなかったので返すあては今思うと特になかったですねw)、 結局、その借金が長く残っていくことになりました。

 

その後、僕の生活も色々変化していき、次第に芸術系の大学に行きたいと考えるようになりました。

後に無事に行けたのですが(奨学金という名の借金を利用して)、その芸術系大学の入学金とその学校が京都にあったためその引っ越し代を貯めなければ行けなくなりました。

 

ですが、色々なバイトに応募したのですが受かってもすぐに合わなくて行かなくなったりして、「軽い引きこもり-バイト応募-すぐ辞める」みたいなのを繰り返したりしました。

なので、結局定期的なバイト収入も得られず、すぐに生活費に困るようになりました。

 

そして、上記のように引越しの際にとても簡単にプロミスで借入ができることを知ってしまっているので、生活費も借りてしまえば良いという発想にすぐいたるようになりました。(もちろん、躊躇もあるんだけどね..)

 

ですが、プロミスでは当時もう既に上限いっぱいに借りてしまっていたので、次は違う消費者金融で借りようと試みました。

 

次に見つけたのがレイクでした。

特にレイクである必然性はなかったと思います。あまり覚えていませんが、多分ただお金が欲しかったんだと思います。

 

当時は、今より審査が甘かったのかは良くわかりませんが(借入の総量規制がまだなかった気がする)、必要書類などちゃんと提出できれば審査が通りました。

ちなみに、申し込み用紙の「他社からの借入の有無」は、嘘ついて「無し」に丸をつけたのに通りました。

(今は、もう出来るかわかりませんが年収とかも少し多く申告して借りましたね。)

 

プロミスでの借入から時間がたってなかったので、情報がレイクには知られていなかったのか、そもそも借入状況は共有されないのか、

はたまた、その当時が審査が緩かったのか、たまたま運が良かったのか、理由はわかりませんが、とりあえず審査が通り、新たにレイクのキャッシングカードを手に入れることに成功したのでした。

 

プロミスの返済はレイクで借りて返済

レイクのキャッシングカードを手に入れはしましたが、結局バイトが続かなかったので固まった定期収入がない状態が続いていました。

(この当時は、あまりに通常のシフトバイトが続かないので1日だけ頑張ればいい短期バイトをメインの収入源にしていました。)

 

なので、先に借入していたプロミスの方の返済に困るようになっていき、ついに「プロミスの返済をレイクで借りた金でする」という借金を借金で返すというカスのような方法をとるようになっていきました。

 

しかも、その時のレイクはなぜか知りませんが、増額がしやすかったです。

ネットでボタンをクリックだけで、増額申請ができ、普通に通りましたしね。もちろん、10万から100万円まで増額とかはしませんでしたが、10万円→30万円みたいな増額の仕方をしていき、結局気付いたら50万円まで限度額が上がっていました。

申請時に嘘ついたので書類を提出できずにレイクで借入ができなくなる

ここら辺までは、とりあえず良かったのですが(全然良くないけど)、本当にヤバくなったのはレイクで借入ができなくなってからでした。

 

詳しくいつだったかは覚えていませんが(おそらく借入金額の総量規制がはじまったらへん)、レイクから収入証明書の提出を求められました。

 

ですが、上にも書いたように申請時に嘘ついて申し込んだので書類を提出できませんでした。

当時は、「ま、いっか」と放置していたのですが(ダメなパターンの借金をするやつって絶対金のことを後回しにしたり放置すると思うw)、結局求められた期限までにレイクに収入証明書を提出せずに放置していたため借入ができなくなりました。

 

急に一括で返済しろ!とかではありませんが、僕のレイクのカードは借り入れできなくなり、「返済のみ」の扱いになりました。

もはや泥沼。アコムに手を出し、さらに借金額を増やす

ここらへんのタイミングでは、最初に借りたプロミスの返済金額がまだ少し残っているくらいだったともいます。

レイクで借入はほぼ限度額まで使っていたため、レイクとプロミスの二社の返済を同時にしている状態でした。

 

 

この頃から「流石にこのままだとやばい」と思いだし、状況を脱せねば!と考えるようになりました。

 

とりあえず、原因は「バイトが続かないのですぐ辞めてしまい、その後自暴自棄になり引きこもる」というのを頻繁に繰り返していたので期待できる定期収入がないということでした。

金やばいなーとなったときに短期バイトですぐに必要な分のお金を手に入れるといった感じで生活していましたから。

 

今でこそ、ウーバーイーツみたいな働き方があるので良いですが、当時はありませんでしたので。

 

 

原因がはっきりしていたので、僕はもう取り敢えず短期バイトの鬼になって短期系のバイトやりまくって借金を返済しようと考えました。

ですが、この時は意気込んだは良いもののクズさが抜けずにまた借金の返済に困り、結局新たにアコムに助けを求めてしまったのでした...

 

レイクの時もそうでしたが、借りる時は「もうこれで最後にするんだ..」と思うんですが、いったんお金が手元に入るとその状況に甘んじてしまい結局その状況・生活から脱することができなくなってしまっていました。

 

このアコムで新たに借入をするタイミングでも、「もうこれで本当に最後にするんだ..!」と思っていましたね。

 

そのような失敗を繰り返して、結局バイトさえも続かないくせに消費者金融3社から借入をしてしまい、月に三回金を返さなければいけない状況に陥って、やっと本気で

「返済」の二文字を達成しないと、この先の人生このまま行ってしまう

 

という恐怖に苛まれ始め、重い腰をあげたのでした。

 

返済した方法と流れ

その後は、借金返済を目標にバイトをしまくりました。

その時のぼくは、シフト制の長期バイトが病的に続かなかったしもはや嫌だったので、短期バイトに専念しながらお金を稼いで行きました。

 

1日だけの短期バイトものもあれば、数日や数週間くらいものやりました。

だんだんとそれを繰り返していくと、少し長い期間のバイトでも人間関係が嫌でなければ、ちょっとずつ続けて行けるようになり、1ヶ月単位のリゾートバイトやカフェなんかのシフト制のバイトもして行けるようになっていきました。

参考 

>>【レビューまとめ】長期・短期バイトの時給・仕事内容。バイト探しの手助けに!

 

そのおかげで、定期収入が期待できるようになり返済計画が立てれました。

 

取り敢えず、利息があまりに高かったので、稼いだ分は将来の大学の入学金のための貯金以外は、出来る限り返済に当て、毎月指定返済額より多めに返済していきました。

 

消費社金融3社へ返済しなければいけなかったので、流れとしては、一番返済残高が少なかったプロミスを完済して、残り2社にしました。

正直、3社から借りているともう管理が大変だったので早めに2社にしたかったのです。

(このときに、「おまとめローン」と存在価値について意味がわかりましたねw)

 

その後は、アコムは借入額が少なかったこともあり、借入できなくなっていたレイクはカードを持っていても仕方ないので先に完済を目指しました。

 

大量に金があったわけではないし、その後の入学費を貯めながらだったので「すぐに完済!」とはいきませんでしたが、無事大学入学も果たし、しっかりと完済まですることができました。

結局、トータル10年間くらい消費者金融から借り続けていた。借入総額はいくらだった?

と、つらつら僕の消費者金融からの借金の経緯を書いてきましたが、改めて振り返ってみると本当に長いこと借りていたと思いますね。

結局、二十歳くらいで借りて30才とかで完済しているので約10年ほど借りていたことになります。

 

きっかけは、「引越し費用」で10万円だったのに、ね。

 

その間の利息の金額を考えてみると、本当にアホで無駄なお金を払ったしまったなーと思います。

(経験としては、早い時期にお金の失敗をできたのは、良かったと思っています。)

 

この返済期間には、新たに新しい場所(京都)に移り住み、芸術系大学に進学したりと色んなことを経験しながら返済していきました。

 

 

ちなみに、借りた金額の総額は(→は増額)、

プロミス:10万円→20万円

レイク:10万円→30万円→50万円

アコム:10万円

 

みたいな感じだったと思います。

もう、思い出したくない記憶なので頑張って思い出しませんが大体合っていると思います。

 

はじめは低い利用金額だけど、増額されてさらに借りてしまい、利息金額も高くなり、返済元金減らず...みたいな流れになって行くってことですね。

 

身をもって勉強できました。

まとめ:借金も勉強。悪い借金はしない方が良い。ちなみに奨学金という名の借金返済中。

今回、上記の消費者金融から借りていた借金を完済をしたのをきっかけに「消費者金融の借金を振り返る」という自分への備忘録という意味も込めてこの記事を書いてきたわけですが、書いていて本当に情けなく、そして恥ずかしくなりました。笑

 

ただ今では借金も勉強だと思っていますし、経験としては良かったかなぁと思っています。

実際、借金をしなければ「お金とは何か」ということについてもちゃんと考えたり勉強したりすることもなかったと思いますしね。

 

長く借りてしまったので利息分をかなり多く払ってしまった気がしますが、それでも、結局ありがとう。って感じです。

 

ただ「今では借金も勉強だと思っています」とは言いましたが、それはあくまで普通のテレビひゃ電車のモニターでCMを流しているくらいの知名度のある消費者金融の話です。(アコムとかプロミスとかレイクとかモビットとか...)

 

ですが、闇金からの借金は絶対ダメです。やめた方がいいです。

流石にその経験はないですが、利息の上限とかも法律が適用されていなかったり延滞金にかかってくるペナルティーとかもレベルが違うと思いますので、本当に手を出してはいけません。

 

借金するなら、

絶対メジャー所の(名前を知っている)消費者金融、もしくはクレジットカードのキャッシングとか

のみにしましょう。

 

でないと、戻って来れなくなるくらいのダメージをおってしまいます。

 

ちなみに、オチとしては、今は大学・大学院在学時に借りた「奨学金」という名の借金(1400万円)を背負っています。

 

ピムリコ

京都在住の20代の芸術系大学院生。1400万円くらいの奨学金と言う名の借金持ち。 移動好き。空港が好き。むしろ住みたい。 現役Uber Eats配達員(最近街でよくみるアレ) 注文者用招待コード【ins6j10bd】でクーポンget! 人生に色々行き詰まったのをきっかけに、なんでもかんでも表現できる場を求め、ブログをはじめました。個人で生きていくための情報を主に書きたいと思っています。 生きづらい現代社会をゲリラ的に生きていく!

おすすめの広告とAd



-お金, 大学生活

Copyright© ブタのしっぽをひっぱると , 2020 All Rights Reserved.