スマホケースとカードの種類の話

こんにちは。
ピムリコです。

先日、スマホのケースにカードを入れてたらとカードが使えなくなった話について記事を書きました。

この記事で言っていた使えなくなったカードというのは、磁気カードのことでした。
なんか調べてみたら、カードといっても一種類じゃないみたいなので、簡単にまとめてみたいと思います。

カードの種類

とりあえず、普通の人がスマホのケースにいれる可能性が高いのは、ICカードと磁気カードだと思います。CIAのスパイの人とか、他の特殊な職業の人で他の種類のカードを持っている人は今回考慮していませんので、予めご了承ください。

ICカードというのは、関東だとSUICAやPASMO、関西だとICOCAみたいな電車・バスなんかに乗るときに使っているカードのことです。
ユーザーからみると、タッチして使っているカードだと思ってもらえばいいかと思います。

一方、磁気カードというのは、クレジットカードやデビットカードなんかで使われているタイプのものです。(ICチップと併用されているものもあり)
こちらは、カードリーダーにシュッとスライドさせて読み取らせるタイプだと思ってもらえればわかりやすいかと思います。

先日の記事で、ピムリコが言っていた、壊れたカードというのは後者の磁気カードのことでした。

なぜ壊れるの?

なぜスマホケースに入れていて壊れたのかというと、磁気カードの磁気がダメになってしまったから。

ピムリコのケースだけなく、手帳型のケースはほとんどそうだと思いますが、手帳の閉じておくための留め具が磁石でできているので、その留め具で閉じている間はずっと入れてあるカードに磁石の磁気が当たっていることになります。

そう考えると、そりゃ壊れるわなって感じです。

なら、PASMOなんかのIC系のカードなら大丈夫じゃんってなりそうですが、このカードに入っているICチップは、スマホから発せられる電波と干渉して読み取り不良を起こすことがあるらしい。

なので、もしICカードをスマホケースに入れて使いたい場合は、電波干渉防止シートというものが売られているようなのでそれを利用すると、電波干渉が起こる確率がさがるそうです。

でも、それを買うくらいならスマホケースに入れなきゃいいやってなりそうですけどねw

せっかく、スマホだけで出かけられて便利っ!だと思われたスマホケースでしたが、とんだ落とし穴があったもんです。
まぁ、今回はピムリコも大惨事になったわけではないので(ちょいめんどいくらい)、勉強だったと思っておこうとおもいます。

では、参考になれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする