Macの写真アプリにiPhotoからデータを移行させる方法

こんにちは。

ピムリコです。

今回は、macの「写真」アプリについてです。

「写真」という名のアプリなんですね。

いつの間にか勝手にいた”写真” というアプリ

このアプリ実は、ピムリコのmac bookのなかに以前からずっと入ってはいたのですが、使っていませんでした。というか無視してましたw

なぜならiPhotoで間に合っていたし、新しいアプリにする必要性も感じていなかったから。
なので、OSアップデートしたらなんか勝手にアプリインストールされたぞってな具合にしかきにしてなかったのです。

でも、ちょっと前にmac bookが突然壊れてしまいデータが取り出せなくなったことがありました。
そのときに、写真アプリにしておけばクラウドで保存されるからphotoデータも安心という話をアップルストアの店員さんに聞き、修理してもらってからiPhotoから写真に移行しようと決心したのでした。

起動してみると。。。

思い立ったら、すぐ行動!ということで、アプリを起動してみる。

すると、こんな感じの画面。

なぁんだ、写真まだ入ってないんだ。
すぐ始められると思ったのに。

なんて思いながら、はじめようボタンをクリックする。

すると、次にライブラリを選択する画面へ。

データを入れるライブラリを選択。
たぶん、他にも選択できるライブラリがある人はそれも選べんでしょう。
ピムリコはひとつしか出てこなかったから(iphotoしか使ってなかったからということかな)、一択のみ。

先にすすむと、ライブラリを準備してくれてる。

これがめっちゃ時間かかった。計1時間20分。370GBあったので仕方ないのかな。

データサイズが大きかったせいなのだろうけど、もっとサクサクいくのかと思ってた。
別に怒ってないけど。

ライブラリの準備が終わると、この画面。

このスクショに写っているiCloudフォトライブラリというのが、この写真アプリを使う最大のメリットなわけですね。ふむふむ

すかさず、”写真”を使い始めるをクリックする。

あれっ、急に真っ白に!!

やばっーーー

ってなったかと思うと、数秒後にちゃんとした画面になりました笑

こんな感じ↓ (Zenfone Goの舞のやつですねww)

データ移管成功

こんな感じで、iPhotoから写真にデータを移管することができました。

この後、iPhotoを起動してみると、「写真にデータが移行されました。以降、iPhotoでデータを編集しても写真側には編集内容は反映されません」という内容のメッセージが出てきましたので、ちゃんとできているんだと思います。

ちなみに、iPhotoのほうを今まで通り使えました。
まぁもう使いませんけどね!

あと、今回のデータ移行の件をググったところ、他の人のブログでoptionを押しながら写真アプリを起動すると、iPhotoライブラリを読み込ませられるという人もいましたが、ピムリコはoptionキーは使わずに、ただ起動しただけでライブラリを読み込ませる画面へ行きました。

もし、普通に起動するだけではライブラリを読み込ませられない場合はoptionキーを押しならがら起動を試してみてください。

では。

    ↓少額からの株トレード、株チャレやってます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする