何畳?何帖?家の広さにに関する情報だじょぉ

こんにちは。

ピムリコです。

以前、シーリングライトの記事で6畳用のライトを買ったと報告しましたが、自分が何畳の部屋に住んでいるのか不明だったしそもそも畳ってなんすかってなったので調べてみました。

畳と帖

まず畳と帖が同じように使われているのをよく見かけたのでなにが違うのか調べてみたら、別になにも違わないそうw

和室と洋室の区別のために使い分けていたりもしたらしいけど、今はそういうのも別になくて何となく使っているみたいです。畳をつかうと和室をイメージさせるから帖をつかい始めたとかも言われているみたい。

でも、明確な定義はないそう。
そういうのって結構ありますよね。

でも、トリッキーなのは、畳の大きさが何種類もあるということ。
ざっと調べただけでも、

  • 京 間:955mm × 1,910mm
  • 中京間:910mm × 1,820mm
  • 江戸間:880mm × 1,760mm
  • 公団間:850mm × 1,700mm

こんな感じで見つかりました。

なので、今回は”帖”を使っていきたいとおもいます。

で、一帖の大きさは?

一帖の大きさは、ずばり中京間に基づいて計算した1.65平方メートルだそう。

でも、900mm X 1800mmを計算して1.62平方メートルをつかう場合もあるそうです。ただ1.65平方メートルのほうが使われているみたいなので、1.65平方メートルを採用します!!w

ピムリコの今の部屋は、およそ20平方メートルなのでだいたい12帖ということになります。

なんか広そうw

だって、6帖の倍ですよ!?

まぁ言うてワンルームなんですけどね。。。

補足:収納スペースは含めるの?

ここで、ピムリコの頭に一つ疑問が浮上してきました。ぴむーーー

それは、収納スペースは表示されている帖数に含まれるのかということ。

答えは、NO。

含まれません。

一つ前に住んでいたところは18.8平方メートルくらいだったので、今回の部屋はそれに比べ2平方メートル広くなりました。

でも、以前の部屋には、収納スペースがあったのですが、今回の部屋にはありません。
ない代わりに、あらかじめ可動式のクローゼットがついています。

前の家に、あった収納スペースはだいたい1平方メートルくらい。
そして、今の部屋にあるクローゼットは0.6平方メートルくらい。

なので、それを考慮すると

今 20平方メートル - 0.6平方メートル = 19.4平方メートル

前 18.8平方メートル – 1平方メートル = 17.8平方メートル

差 19.4平方メートル-17.8平方メートル=1.6平方メートル増えた!

ということがわかりました。

つまり、およそ一帖弱の生活スペースが増えたということですね。

実感としてもちょうどそのくらいですね。
ほんのすこし生活スペースが広くなったって感じです。

学生の身分ですので贅沢は言ってられないですし、そこそこまぁやっていけるだけのスペースはあるのでおっけーって言い聞かせていますね笑

参考になれば幸いです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする