【大学生必見】留学に便利でおすすめ!マスターカードのキャッシュパスポートを使ってみた感想

どうも、ピムリコです。

このブログでも書いてきたように、お金のことを考えることはとても大事なことだと思います。それが、海外で生活している時となると、なおさら敏感になる必要があるとおもます。
少なくともピムリコはそうでした。

以前、ヨーロッパへ留学していた時には、いろいろな方法で日本とお金のやり取りをしていました。お金のやり取りというと大げさですが、大金ではありません。生活費程度です。笑

たかが生活費とあなどることなかれ。それでも20万円以上はやり取りしているのですから。
このやり取りを、いかに無駄なくできるかということを、節約できるところは積極的に節約する!というスタンスで留学していました。

その中のひとつを今日は紹介したいと思います。
それが、キャッシュパスポートです。結構有名ですかね。

キャッシュパスポートとは?使い方とお得な点をまとめてみた

そもそもキャッシュパスポートとは、なんぞや?ってな方もいると思います。

簡単にいうと、外貨両替不要で使えるプリペイド式のトラベルカードです。
なので、いちいと空港着いてから両替したりしなくてもいいんです。
ね?便利でしょ!?

具体的な使い方は以下のとおりです。

デビッドカードとして使える

キャッシュパスポートの仕組みとしては、キャッシュパスポートの専用口座にお金を振り込むとそのお金分が決済手段として使用できます。

なので、いわゆるマスターカードのデビッドカードとして現地についてからキャッシュパスポートのカードで買い物の支払いができるというわけです。

海外は、だいたいマスターカードかVISAが多いので、その点でもマスターカードを持っておくと安心だと思います。

これのいいところは、小難しい海外送金をしなくていいということです。

たとえば、日本にいる親から留学先のアメリカの銀行口座に送金してもらうなんてこともしなくていいんです。
この場合は、親にキャッシュパスポートの口座にお金を入れて貰えばそれでオッケー。
これがシンプルで便利な点です。

ATMで引き出しも可能

どうしても、現地で現金が必要になる場合もあると思います。

そんな時は、MasterCard対応と記載されているATMで現金が引きおろし可能です。
これがあるとわざわざ現地の銀行口座を開設しなくてもよくなるので手間が省けます。

さらに、空港での両替なんかも必要無いので、両替カウンターに並ぶなんてことも必要なくなります!

個人的な話ですが、空港で両替する時ってなんか失敗するんですよね。笑
おそらく現地に到着してテンションが上がっている、プラス、フライトで疲れている、ってのが合わさって、ボッーーーーっとした状態で現地の物価とか通貨のことをよく調べずに3万くらい両替しとこかって適当にやってしまうのがいけないんだと思います。

わかってるならなおせよって感じですが。

そんな両替カウンターも必要なくなるというわけです。

取引履歴が確認できる

海外でお金をつかうとなると、日本の感覚でお金を払っているとつい使いすぎたり、現地の価格と日本の価格がよくわからずに日本円でいくら使ったのかわからなくなったりするときがあります。

これは、特に初期の頃は仕方が無いと思います。
そういうものだと思います。

そんなときに、キャッシュパスポートだと自分のアカウント専用ページから取引の履歴が確認できるので、今日いくら使ったのか、さっき買ったアレは日本円だといくらなのか、というのを後から確認することができます。

これは、3ヶ月以上など長期で滞在するひとにとっても、家計簿の管理をするのに便利だと思います。

スペアカード付き

なんともまぁ親切にスペアカードがついてきます
なので、一枚目をなくしたり盗まれたりしても、二枚目を使用してすぐにお金を引き出すことができます。

これができると、もし盗まれても、ドロボーよりさきにATMで全額引き下ろしてしまえば、ドロボーはカードを使えなくなりますね。

そういう最後の抵抗もありかもしれません。
その後、ちゃんとサポートセンターに連絡しましょう。

ダッシュで作ってくれる

これは、カードの使い方というわけではありませんが、審査がなく、かつ年齢制限もないし、キャッシュパスポート専用口座を使用するため他の銀行口座の登録もないので、最短1週間で発行可能です。

なので、海外出発まであまり時間がない!という人でもギリギリ間に合う可能性がありますので、諦めず申し込んでみてください。

Tポイントもたまる

これは、おまけですが、キャッシュパスポートで海外で200円使うごとにTポイント1ポイントが貯まります。

なので、2万円ショッピングで使ったり、現地通貨としておろしたりすると、Tポイント100ポイントが貯まります。

まぁ、個人的にはおまけ程度に思っていますが、やっぱりあったら嬉しいですよね。

その時点レートで日本円換算してポイントに付与される

キャッシュパスポート公式サイトから申し込めます↓



とっても便利!キャッシュパスポート

デメリット

個人的には、レートは他と似たりよったりなのでいいのですが、デメリットととしては、キャッシュパスポートの口座に余った分を払い戻す場合に、手数料として500円(消費税別)がかかってしまうというところです。

まぁ500円くらい別にいいよっていう人にとっては、何も問題ありませんが、私ピムリコは、貧乏性なので、手数料500円と聞いただけでビクッとなってしまいます。

もしこの手数料を払いたくない場合は、口座のお金をうまく出金したり、カード決済で使い切ったりする必要が有ります。


まとめ

やはり海外生活は、日本と比べるだいぶ危ない部分があります。

そんな環境で大事なのは、自分で自分を守れること。どんな状況においても臨機応変に対応できることだと思っています。

お金に関して言えば、何パターンかに分けて所有しておく。分散して保管する。というのが大事になってきます。
ピムリコが留学していたときは、現金、クレジットカード、キャッシュパスポート、マネパカード…ってな具合に結構いろいろわけてもっていました。

留学や観光を控えている人は是非参考にしてみてください。
申し込みはこちらからどうぞ↓



ちなみに、カード系の発行は、1週間程度かかる場合があるので渡航時期が近づいている人は早めに申し込みしておきましょう!渡航前にバタバタしてしまうと無駄にエネルギーを消費しますから。はい。経験済みです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする